ニュース

解析しやすい映像は?

更新日:6月7日


弊社の動作分析サービスは、映像上の被写体の動きを数値化(可視化・定量化)するサービスです。人や動物を含むどんな被写体のどんな動きも解析することができ、とても応用が広いのが特徴です。また、カメラを2台以上使うことで3次元解析も行うことができます。


特に解析しやすいのは、(あたりまえのことですが)、映像にしっかりと解析したいポイントが映っている映像です。


また二次元解析では、解析したいポイントがしっかりと真横から撮影されていること、三次元解析では2台のカメラがしっかりと直角に配置されて、縦・横・幅(XYZ軸)がしっかりと取れていることです(三次元解析は少し撮影の難易度が高い)。


例えば、二次元解析では真横から撮影した人や動物の歩行解析、真横や真後から撮影したゴルフのフォーム解析が解析などが行えます。また、三次元解析では水槽内の魚の動きなどが解析しやすい映像です。

撮影に関して、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。以上、ご参考になれば幸いです。