top of page

Blogs

スマホの映像で少し高精度な動作分析を行う設定

スマホのフレームレート(fps, frame per second)を変えることで、少し高精度な映像を撮影することができます。これによって、動作分析も詳細な分析が可能になります。


現在のスマホではフレームレートが30fps(30枚の静止画で1秒間の動画を構成する)に設定されているものが多いようですが、例えば、アイフォンでは60fpsに変えることができます(機種にもよります)。


設定 > カメラ > ビデオ撮影 > 1080p HD/60 fps

これで60fpsに変更できました。



また、スローモーション撮影を使えば、120fpsや240fpsなど研究用のカメラに匹敵するフレームレートでの撮影も可能になります。


設定 > カメラ > スローモーション撮影 > 1080p HD/240 fps


たったこれだけの設定で、通常撮影よりも高精度な動作分析が可能になります。以上、ご参考になれば幸いです。

閲覧数:4,280回

関連記事

すべて表示

Contact

お問い合わせ

データ分析、AI開発、研究・開発(R&D)などでお困り事、
ご相談がございましたら、

まずはお気軽にお問合せください。

bottom of page