ニュース

スマホで少し高精度な動作解析を行う設定

通常の動作解析では、特にスマホの設定を変える必要はありませんが、スマホのフレームレート(fps, frame per second)を変えることで、少し高精度な映像を撮影することができます。


現在のスマホではフレームレートが30fps(30枚の静止画で1秒間の動画を構成する)に設定されているものが多いようですが、例えば、アイフォンでは60fpsに変えることができます(機種にもよります)。


設定 > カメラ > ビデオ撮影 > 1080p HD/60 fps

これで60fpsに変更できました。



また、スローモーション撮影を使えば、120fpsや240fpsなど研究用のカメラに匹敵するフレームレートでの撮影も可能になります。


設定 > カメラ > スローモーション撮影 > 1080p HD/240 fps


以上、ご参考になれば幸いです。

最新記事

すべて表示

解析しやすい映像は?

特に解析しやすいのは、映像上でしっかりと解析点が写っている映像です(あたりまえのことですが)。 また二次元解析では、解析したいポイントがしっかりと真横から撮影されていること、三次元解析では2台のカメラがしっかりと直角に配置されて、縦・横・幅(XYZ軸)がしっかりと取れていること

三次元解析に使っているカメラのご紹介

スマホで映像した映像でも十分に解析は行えますが、三次元解析を行うためにはカメラが2台以上必要になります。 そこで弊社では「RX0 II(SONY)」を2台使っています。このカメラの良いところは、高精度な映像を撮影できることはもちろん、小型で丈夫、水中でも撮影できる、画角が狭いた

〒160-0023 

東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿高木ビル8F

 お客様専用電話番号:03-6890-3389(受付:平日 9:00-18:00)​

  • Facebook

リサーチコーディネートは、大学、研究機関、医療機関、官公庁、企業などの皆様を対象に、ライフサイエンス分野における学術研究、開発研究、事業開発などを、専門性の高いオリジナルのサービスでサポートします。

​その他の運営事業

Copyright (C) 2019 Research Coordinate Inc. All Rights Reserved.