ニュース

パートナー紹介:玉川大学脳科学研究所・鮫島研究室

玉川大学脳科学研究所(東京都町田市)は日本を代表する脳科学の研究・教育機関です。心の働きの基盤にある脳のしくみを明らかにするための脳の研究、心の社会性に関する心理学研究、乳幼児の言語発達や認知機能に関するあかちゃん研究やロボット研究など、学際的研究や教育活動が行われており、第一線の研究者が国際的な研究成果を多数挙げています。

リサコは玉川大学脳科学研究所 鮫島研究室(教授・鮫島和行)と、動作分析に関する共同研究を行っています。


AI、クラウド、エッジデバイス、5Gなどの先端技術を活用し、人、動物や機械など、様々な対象物の動きを、科学的視点から分析します。


そして、今まで目に見えなかった現象を可視化・定量化し、正しく理解することで、科学上の新発見を目指すとともに、研究成果の社会還元も目指します。


共同研究はまだ始まったばかりですが、本成果が、今後、科学の発展や社会における課題解決に寄与できるよう努力して参ります。