ニュース

三次元解析に使っているカメラのご紹介

最終更新: 2020年12月15日

スマホで映像した映像でも十分に解析は行えますが、三次元解析を行うためには、通常カメラが2台以上必要になります。


そこで弊社では「RX0 II(SONY)」を2台使っています。このカメラの良いところは、高精度な映像を撮影できることはもちろん、小型で丈夫、水中でも撮影できる、画角が狭いため映像の歪みが少ないこと、スマホからwifiでカメラの操作が可能なことなどが挙げられます。

また、三次元解析を行う際には、複数台のカメラを完全に同期させる必要がありますが、これをSONYが提供する無料の映像ソフト「Imaging Edge Mobile」のマルチカメラコントロール機能を使うことでできてしまいます。


以上、ご参考になれば幸いです。


<参考>

SONY RX0 II(DSC-RX0M2) https://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX0M2/

Imaging Edge Mobile https://support.d-imaging.sony.co.jp/app/iemobile/ja/instruction/3_1_multi_actioncam.php

関連記事

すべて表示

解析しやすい映像は?

特に解析しやすいのは、映像上でしっかりと解析点が写っている映像です(あたりまえのことですが)。 また二次元解析では、解析したいポイントがしっかりと真横から撮影されていること、三次元解析では2台のカメラがしっかりと直角に配置されて、縦・横・幅(XYZ軸)がしっかりと取れていること

スマホで少し高精度な動作解析を行う設定

通常の動作解析では、特にスマホの設定を変える必要はありませんが、スマホのフレームレート(fps, frame per second)を変えることで、少し高精度な映像を撮影することができます。